燕岳

体調不良により延期にしていた登山
心身共にリセットしようと決行!!

目的地:”燕岳”
宿泊地:”燕山荘”

同じ漢字なのに何故か読み方が違うんだよな〜
”ツバクロダケ”と”エンザンソウ”

富士山もそうだか心配は駐車場
仕事終わりの金曜に出発
その甲斐あって、一番近い場所を確保
a0258954_22352783.jpg


天気は快晴
人生初の登山カードを書いて、7時38分登山開始
さすがに、早朝は寒いわぁ
a0258954_23231888.jpg

a0258954_23235812.jpg



第二ベンチへ8時38分着
ダウンを着てたが脱ぎこまめに体温調整
a0258954_2246354.jpg

a0258954_22575614.jpg



登山道には休憩場所(ベンチ)が設置されている
各ベンチ間は40分かけて登るのがベストのようだ
冬山では、汗をかかない程、ゆっくり登るため

富士見ベンチへ9時45分着
a0258954_2335817.jpg


合戦小屋へ10時15分着
a0258954_2352125.jpg


a0258954_236052.jpg
a0258954_2362221.jpg

カップヌードルで体を温める



合戦小屋からは森林限界を超えるそうです
食事等とり休憩をとったほうがいいでしょう

体も温まったので、それろそ向かうとしよう
写真でみた燕山荘はどの辺から見えてくるのだろう?
10時35分、燕山荘へ出発
a0258954_23403927.jpg


ずっと木々におおわれていたが、少しずつ景色が目に入ってくるようになった
晴れているって最高だな!!
山々が実に素晴らしい

見えてきたー
a0258954_073264.jpg

目標物が見えると元気になれるね
とは言ったものの、足が重い・・・
ここから道が細くなり、岩場になる
霜柱や氷柱が解けずに残っている

あと少し

焦らずゆっくりと距離を詰める

a0258954_0205895.jpg

a0258954_0194619.jpg



着いたー(11時35分着)
ここが、ずっと来たかった場所なんだな
a0258954_022306.jpg
a0258954_14029.jpg




寝床は、到着順なので早々に受けつを済ませることに
荷物を置き、カメラ一つで目の前の燕岳を目指す
山小屋についたことで、どこかホッとしている^^

いやぁ〜、それにしても360度素晴らしい景色
ずっと眺めていても飽きないとはこのことか!
a0258954_035784.jpg
a0258954_0405245.jpg



ここが、燕岳山頂
数人が限度かな
こんなに狭いんだ
それにしても風、強すぎます!!
a0258954_0431834.jpg


小屋へ戻ってゆっくりしよう
燕山荘を知ったのは、TV特集でした
なんとなく調べてみたら
泊ってよかった山小屋 1位
泊ってみたい山小屋 2位

10月の3連休が過ぎ、登山客も落ち着いてきたと言ってましたが意外にも多い
それでも、寝床は十分あり快適に過ごせました
創設は1921年(大正10年)だそうですが、立派で居心地がいい
スタッフの対応もいいですね
愛される理由がわかる気がします
皆さん、ここの評判を聞き来られたかたが多いみたいでした



夕食は17時半
食べ終わってから写真を撮りに出ましたが、寒いですね
もう少し撮っていたかったけど限界です!!
a0258954_117127.jpg

a0258954_1174255.jpg




日付が変わり、本日も晴天でありますように

意外にもぐっすり眠れました
待つの日の出
あまり早く準備しても寒いだけなので、ギリギリまで布団の中で待機
日の出は5時55分くらいだったかな
a0258954_1234949.jpg
a0258954_1249100.jpg
a0258954_1243427.jpg
a0258954_125142.jpg

a0258954_1254184.jpg


朝食は6時から
写真を撮り終え急いで食堂へ

予定より早く準備が出来たので出発
6時45分下山開始
7時20分合戦小屋着
9時08分中房温泉着
by suto-rucafe | 2012-10-22 01:37 | アウトドア | Comments(0)

田舎へ戻ってきました。ここでしか出来ない暮らしを楽しみたいと思っています。野菜を作ったり、土とたわむれています。最近は、パン作りにハマってます。


by suto-rucafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28